ブルーボトルコーヒー大阪・梅田茶屋町店でゆっくりとコーヒータイムと朝活を。

ブルーボトルコーヒー大阪梅田店の表紙画像

こんにちは、みにっとです。

2021年7月に大阪についにオープンした「ブルーボトルコーヒー 大阪・梅田茶屋町店」に行ってきました。

 

東京の青山店にはじめて行って以来、いつ大阪にも出店するのかとずっと楽しみにしていたので、すぐにでも行きたかったのにコロナの影響で中々行けず…

 

先日お正月の菓子折りを買いに大阪・梅田に行くことになったので、それならと開店時間(8:00~)辺りに行ってみることに。

 

朝の陽の光とブルーボトルコーヒーのゆったりとした空間のおかげで、心地よいカフェ活ができました。

 

ブルーボトルコーヒー 大阪・梅田茶屋町店

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店2

ガラス張りのデザイン、無機質で現代的な外観の「ブルーボトルコーヒー 大阪・梅田茶屋町店」。

 

個人的にモノトーンや無機質なモノ好きなので、この外観はかなり刺さりました。

 

JR大阪駅や阪急電鉄・大阪メトロからもほど近い場所にあるので、迷わずアクセスしやすいです。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店3

阪急電鉄の線路沿いの道を歩いているとブルーボトルコーヒーの看板が見えてきます。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店4

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店5

店内に入るとまず、ブルーボトルコーヒーのグッズ売り場やカウンター席が。

広さ自体はそこまで無いのに、外からの光のおかげで広々と感じました。

 

また店内は、無機質な外観と違って明るい木材の色とシルバー、ブルーボトルコーヒーのイメージカラーである青の配色で統一されています。

特に温かい木材の色味のおかげで、整然とした統一感とおだやかさが合わさった空間になっているのがいいですね。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店6

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店7

2階には奥の階段から上がるのですが、その階段には168個のガラスでできたシャンデリアが配置されていて、大阪・梅田茶屋町店の見どころの1つ。

 

大阪・和泉市のガラス工房「fresco(フレスコ)」さんが制作したこのシャンデリア、ブルーボトルコーヒーのコーヒーをイメージしているのだそうです。

 

ブラウンがベースになっていますが、絶妙なトーン配色と光の反射で軽やかな雰囲気。

立ち止まってしばらく見上げていました。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店8

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店9

階段を登った2階・左側にも1階と同じくカウンター席があります。

むき出しのコンクリート部分が多いので、1階よりもずっと無機質さを感じさせます。

 

ただ、使用しているテーブル・チェアの色をベージュ系にしているからか、あまり寒々しい印象はありません。

 

テーブル席は左側と奥側、中央部の「Sense Loungen」になります。

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店11

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店10

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店16

まだ開店してすぐの時間だったので、テーブル席は2階の奥側が1番人気があるようでした。

私が2階に上がった時点で奥側のテーブル席は1つしか開いていませんでしたね。

 

ただ、日が落ちてからの時間帯は断然「Sense Loungen」がおすすめです。

このSense Loungenは、幅広い分野でクリエイティブな活動をされているパノラマティクスさんが企画・制作した体験型ラウンジ。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店12

「ブルーボトルコーヒー=いつも青空」というイメージから作られたそうで、天井に設置しているスクリーンには青色をベースにした映像が流れていました。

 

また、映像と一緒に 「音と振動によって1日の自分の時間をリセットする」 感覚を体験できるラウンジというコンセプトなので、仕事帰りやショッピングで歩き疲れた時に立ち寄ってみるのもいいですね。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店14

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店15

1階にはブルーボトルコーヒーのオリジナルグッズのスペース。

奥側の棚にはグッズからコーヒー・フードなどの定番商品が主に並んでいます。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店13

こちらにはホリデーシーズン限定デザインのアイテムも。

ホリデーシーズンならではのデザインだけど、ブルーボトルコーヒーらしいシンプルさもあって、シーズンに関係なく日常生活に溶け込むアイテムばかりでした。

 

じつは以前から保温性のあるタンブラーが欲しかったので、通常のデザインですがコミューターカップというアイテムを購入しました。

 

ちょうど別売りのフタ(900円くらい)を無料で頂ける期間だったようで、現在めちゃくちゃ愛用しています。

 

朝食にブランチプレートとカフェラテ

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店17

この日は8:00過ぎに入店したのでしっかりと食事とコーヒーを頂きました。

 

注文したのは「HOLIDAY SPECIAL ブランチプレート フレッシュサラダwithプルドポーク」と「カフェラテ シングルオリジン」。

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店17

ブランチプレートは全体的に薄味。

ワッフルとゆで卵には味付けが無く、サラダもシンプルなオイルと少量の塩のみの味付けのよう。

その分プルドポークの味わいがしっかりと感じられました。

個人的に好きな味です。

 

プルドポークにはヘーゼルナッツとクランベリーが使用されているのですが、私にとっては今まで食べたことがない味。

甘みがありつつも重くないライトな味で、このプルドポークとサラダを一緒に食べると思ったよりも食が進みます。

 

また、カフェラテもスタッフさんがおすすめしてくれたシングルオリジン(豆の産地・地域などは聞き逃した)を選択。

今までブレンドコーヒーしか飲んだことがないので、直接的にガツンとくる苦味と香りに驚きました。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店18

フードメニュー以外にもスコーンやワッフル・パウンドケーキや、大阪・梅田茶屋町店の限定ティラミス(13:00~)やワッフルプレートなども。

次回は限定のティラミスかワッフルプレートを食べてみようかな。

 

ブルーボトルコーヒー大阪・梅田店20入店した時点ではお客様は数名だけだったので、1~2時間近く外の景色を眺めたり、スマホで画像編集をしながらのんびりと過ごしました。

 

帰る頃にはレジに列ができていたので、ゆっくりと過ごしたいなら思い切って開店時間に行ってみるのをおすすめします。

 

店舗情報

ブルーボトルコーヒー 大阪・梅田茶屋町店
住所 〒530-0013 大阪市北区茶屋町 15-22 アーバンテラス茶屋町 A棟
営業時間 月〜日 8:00〜21:00
定休日 無休(大型連休時は変更も有り)
支払方法 現金 クレジットカード 交通系電子マネー (※QR決済不可)
最寄駅 阪急 大阪梅田駅から徒歩4分 JR大阪駅から徒歩10分
駐輪場 なし
その他 無料WI-FI有り 全席禁煙